群馬県・太田市の矯正歯科【ファミリー歯科・矯正歯科クリニック】(歯並び、八重歯、出っ歯の矯正)無料相談実施中!

院長ご紹介

院長 伊谷野 秀幸(昭和45年5月1日生)

太田市の矯正歯科専門医
ファミリー歯科・矯正歯科クリニック
日本矯正歯科学会 認定医
国際口腔インプラント学会 認定医
MBT system研究会 監事

大学病院に12年以上勤務した経験を活かし、太田市はもとより関東を始めとする関連医療機関との連携も幅広く、高度な治療技術を提供し続けます。

主要著書 論文発表 招待講演 講習会開催


プロフィール

平成 元年 3月 群馬県立桐生高等学校卒業
平成 7年 3月 奥羽大学歯学部卒業
平成 7年 4月 奥羽大学歯学部歯科矯正学講座入局
平成 11年 10月 奥羽大学歯学部歯科矯正学講座 助手
平成 11年 10月 財団法人 影山育英会 東北歯科専門学校 非常勤講師(兼任)
平成 17年 3月 医療法人社団 敬愛会 福島西部病院 矯正歯科科長
平成 21年 7月 当クリニックを開設

メッセージ

安心で早く確実な診断および診療、最終的な歯並び形態の高品質な仕上がりをお約束するために、当クリニックではMBTシステム、リンガルシステムをはじめとした高度な最新治療技術を導入しています。そのため、治療期間や見た目が気になって矯正歯科治療を敬遠されていた方にも、治療を受けていただきやすい環境が整っております。

矯正歯科治療に関する技術は近年めざましく進歩しております。
このような技術の進歩により、様々な装置が開発されています。いずれの装置が患者さん本人の症状に最適であるかを判断する必要があります。また、治療を最短期間で終了させるためには治療手順が大切です。
カウンセリングでは患者さんの要望や診断により得られた結果を考慮した治療手順、治療に有利な装置を提案させていただきます。

直接、装置を手にとっていただくことが最良の方法だと考えております。
優れた最新システムを十二分に生かし、歯の咬み合わせを改善するとともに口元も美しくするには、的確な治療方針の立案がたいへん重要となります。
EBM (Evidence-Based Medicine:日常の臨床から得られる情報、学会発表、セミナーならびに国内外論文から得られる情報を相互に参照し客観的に再評価することで行う根拠に基づいた医療) を実践して安心に治療を受けていただき、最終的な歯並びの形態が世界水準の形態に到達するような高品質の仕上がりにしていきたいと常に心がけています。


加入学会

大学を卒業後、引き続き12年間(平成7年-19年)にわたり大学に在籍。在籍期間中には、大学歯学部附属病院矯正科の臨床研修医主席教官などを務めるとともに、東北歯科専門学校の非常勤講師、MBTシステム研究会監事を歴任。これまでに大学歯学部附属病院ならびに関連病院・診療所にて豊富な臨床指導および臨床経験を積む。大学病院勤務時より講習会や講演会を多数依頼される。定期的に国内外における専門学会で学術発表。また矯正装置に関する研究を行い新装置の考案多数。

   
世界最先端矯正治療システム(MBT system)の開発者の一人であるDr.Richard P McLaughlinと共同論文発表を祝して記念写真   世界最先端矯正治療システム(MBT system)の開発者の一人であるDr.Trevisiと記念写真   MBT system研究会を記念して(当クリニック医院長、前列右2番目)
     
講習会中   上顎大臼歯遠心移動装置であるForsus装置の開発者Dr.Anka(右側)と記念写真